幼児が便秘で改善したコツ

幼児の便秘の原因として考えられること

幼児,便秘,解消

幼児の便秘の原因として考えられること

 

幼児が便秘になると見ている親の方も辛くなってしまいますね。幼児はちょっとしたことが原因で便秘になってしまうことが多いようです。

 

 

考えられる原因としてもっとも多いのが食事量が決定的に少ないことが考えられます。

 

 

便を作る元になる食べ物が体内にしっかり入って来なければ当然便は作られませんから便秘を起こしてしまうことになります。これは食事をしっかりと食べさせてバランスの良い栄養を取らせることによって解消することがあります。

 

 

他の理由としては、ちょうどトイレトレーニングなどで、失敗すると親から叱られることによって精神的なプレッシャーがかかってしまい便意を我慢することで便秘の原因が作られてしまううことがあります。

 

 

幼児の心はとてもデリケートですから、ちょっとしたストレスが便秘の原因になってしまうのです。

 

 

ですから幼児にはストレスを与えないようにするためにトイレトレーニングの時に失敗しても叱らずに温かく見守ってあげるようにしたいですね。

 

 

その他の幼児の便秘の原因は腸内環境の悪化があります。

 

 

原因ははっきりしませんが、腸内に悪玉菌が増加してしまうと幼児の腸の動きが鈍ってしまい便意をなかなか感じなかったりすることがあるのです。

 

 

そうなると便はどんどん溜まってしまいますし、腸内に止まる時間が長ければ長いほど水分が吸収されてしまうので便が硬くなり、幼児の弱い腹筋では排出することが簡単にはできなくなってしまうのです。これが便秘の原因となっています。

 

幼児の便秘解消に食べさせたい食べ物

幼児,便秘,解消

幼児が便秘になると心配になりますよね。大人の場合は便秘薬で解消できるかもしれませんが、幼児に便秘薬を飲ませることは不安があります。

 

 

幼児の便秘は食べ物で解消しましょう。普段口にしている食べ物に意識を向けるだけで、幼児の便秘が解消することが期待できます。
便秘によい食べ物というとヨーグルトを思い浮かべるのではないでしょうか。

 

 

ヨーグルトには乳酸菌が含まれていて、乳酸菌が腸内環境を整えてくれます。

 

 

大人の場合、毎朝食べている方もいると思いますが、子供の便秘にも効果が期待できる食べ物です。ヨーグルトの酸っぱさが気になるようなら、はちみつを加えるとよいでしょう。

 

 

味噌汁もおすすめの食べ物です。乳酸菌を含む食べ物というとヨーグルトをまず思い浮かべますが、味噌も乳酸菌を含む食べ物です。ヨーグルトの酸っぱさが苦手な子供なら、味噌汁を与えるとよいでしょう。

 

 

味噌汁のよいところは、乳酸菌を含んでいることだけではありません。味噌汁には海藻や野菜などの具材を使用します。これらの食べ物には食物繊維が豊富に含まれていて、食物繊維が腸の働きを活発にします。

 

 

野菜は食物繊維が豊富な食べ物ですが、野菜嫌いの子供もいると思います。

 

 

その場合、果物から食物繊維を摂ることがおすすめです。甘い果物なら幼児も喜んで食べてくれるはずです。

 

 

バナナは腸内の善玉菌のエサになるオリゴ糖を含んでいるのでおすすめします。リンゴ、オレンジ、キウイなども食物繊維が豊富な食べ物です

 

幼児の便秘解消におすすめの発酵食品

幼児,便秘,解消

腸内の善玉菌を増やすと便秘解消が期待できます。

 

 

では、幼児の腸内の善玉菌を増やすにはどのようなことをしたらいいのでしょうか。

 

 

便秘解消のために毎日ヨーグルトを食べている方もいると思いますが、幼児の便秘解消にもヨーグルトは効果が期待できます。

 

 

フルーツを加えたヨーグルトがあり幼児は食べやすいと思いますが、フルーツを加えたものはたくさんの乳酸菌を摂取することには向いていません。おすすめはトクホのヨーグルトです。

 

 

トクホのヨーグルトは乳酸菌が生きて腸に届きやすいです。死滅した乳酸菌でも便秘解消は期待できますが、出来れば生きたものを摂取しましょう。

 

 

幼児がヨーグルトを嫌いな場合は無理に食べさせる必要はありません。また、乳製品にアレルギーを持っている幼児もいることでしょう。
その場合は、納豆、ぬか漬け、味噌などの発酵食品がおすすめです。

 

 

納豆は納豆菌で発酵させた食品で乳酸菌は含んでいませんが、納豆菌には整腸作用があることや、納豆は食物繊維が豊富なので、便秘解消が期待できます。

 

 

ぬか漬けや味噌には乳酸菌が含まれています。ただし、市販のぬか漬けは漬物風に味をつけただけで乳酸菌が含まれていないことがあるので、手作りのぬか漬けがおすすめです。

 

 

味噌汁の具には海藻や野菜など加えますが、味噌汁なら便秘解消によい乳酸菌と食物繊維を同時に摂取できます。

 

 

ただし、大豆にアレルギーがある子どもは納豆や味噌の摂取を控えてください。

 

 

乳酸菌は毎日摂取することで便秘解消が期待できます。幼児がおいしく食べられるように工夫をして、幼児の便秘解消を目指してみてください。

 


幼児,便秘,解消
幼児便秘解消法

 

page top